【Dead or Alive】海崎茜のFXトレード検証日記

【Dead or Alive】海崎茜のFXトレード検証日記

FXで生きるか死ぬか!利益が出たら調子に乗って大損、損をしたら負けを取り戻そうとして大損。そんな私を変えるためのブログです。日々の値動きの考察、検証、収益結果などが主。2017年はプラスに持っていきたいものです。

2017年6月27日のポンド円Twitter振り返りメモφ(*'д'* ):値ごろ感・感覚トレードはやっぱり危険

2017年6月27日のポンド円Twitter振り返りメモφ(*'д'* )

 

2017年6月27日の環境認識

 

 

 

 

 

 

目線の固定を外すこと

環境認識にて、

目線をイーブンにするとか、

前回高値更新で下降トレンド一旦終了とか、

売る理由がないとか

そういうことを色々と書いているのに、 

と追加ショートしちゃってます(´▽`;)ゞ

 

で、全てのポジションを手放した結果に(;´∀`)

 

いきすぎた時のために

143で全てのポジションを手放すのは良いですが、

やっぱり142.7でのショートは余計でしたね。

 

「リスクは30pipsだけど抜ける時は大きいからいいやー」

と確率が低い新規ショートをしたのは反省点です。

 

これからは目線の固定を外す努力も

していかないといけませんね…

 

意外と難しいことですが…

 

切り下がってきていた高値のブレイクの上昇は止まらない?

この時はまだ143の話だったんですねぇ…

 

結局143を簡単に抜いて

高値144.2をつけました。

 

今まではじわじわ高値を切り下げてきていたのに、

今回はそれをほとんど抜いてきました。

 

前回高値が142.5

その前が142.8

 

今まで高値が切り下がってきていましたが、

それらをブレイクすることで一気に伸びた形となりました。

 

切り下がってきている高値のブレイクアウト、

これからはちょっと意識しておきたいところです。

 

値ごろ感・感覚トレードはやっぱり危険

結構ずっと上昇してきていたので、

ショートをしたくなっていましたが、

この時の値は142.9にも届かず。

 

この日は144.2まで上がっているので、

ここでショートをしていれば大変なことになっていました(´▽`;)ゞ

(損切り場所を決めていたにせよ)

 

やっぱりできる限りチャートで判断してトレードしたいものですね…

 

こういう思い込みのトレードも厳禁ですが…

 

ここらへんから多少下がっていったのかな?

 

でも、大きく下がったわけでもなく、

発言で逆に大きく上がる可能性もあったので、

適当に手を出すのはやっぱり厳禁ということで(´▽`;)ゞ 

 

ポジション狩り

最近は一方通行で上昇している時などは

どのくらいショートが損切りを入れたのかを見るようにしています。

 

チャートを見ての判断と言えるのかわかりませんが、

ローソク足を見るので

一応チャートを見ているということにしましょう…

 

「まだショートを狩り尽くしていなそうだし、まだ上昇しそう」

という感覚は、

ただの感覚よりはアテにできるような気がしています。

 

ただの感覚となると、

「陽線の数が増えてきたから

そろそろ下がるのでは?」

くらいの感覚なので…

 

それよりはアテにできると思っています(´▽`;)ゞ

 

この時はまだ142.8くらいの時。

 

結構上げ上げという感じでしたが、

5分足で投げている人がいなかったので、

まだまだ高値更新をしてきそうと思っていたところ。

 

で、実際ここからさらに上昇してきましたね。

 

この時は143.4の時。

 

値幅的には150pipsくらい?

 

ずっと上がってきていたので、

動きだけ見るとそろそろ下がっても良さそうかなぁ?と思うものの

ここまできてもショートが減っている感じがしなかったので、

まだまだ上昇しそうかな?とは思っていたところ。

 

次に 

ショートのロスカットが一気にあったと感じたところ。

 

ここから下がって、

再度高値を試したりもしましたが、

結局下落しました。

 

2017年6月28日19時40分現在としては

143.3まで下落しましたが、

今戻してきています。

f:id:akanefx:20170628194057p:plain

143.8あたりは結構居心地がいいんですかね?(´▽`;)ゞ

 

高値から90pipsは下げたので

大きく下げたと言えるかもしれませんが、

私としてはもうちょっと下げて欲しかったところです…

 

ただ、やっぱり

「どこでロスカットされたか」

を見ることで

大体の天底は見えてくると言えそうです。

 

ただ、それだけを頼りにすると痛い目に合うので、

損切り幅は狭くするなどしておきたいですけどね(´▽`;)ゞ

 

 トレード手法として組み込んでいっても良さそうな気はしています。

 

ロスカットが確認できなければ

エントリーしなければいいだけですしね。

 

一方通行の時にしかこの考え方はしないつもりなので

そんな毎日あるわけでもないし、

起こった時はちょっと試してみようかなと思います(●≧ω≦)9

 

綺麗なチャートの形

私は結構チャートの綺麗な形というのを気にしてしまいます。

 

ただ、それが一般的に綺麗な形なのかはわかりませんけどね…

 

あくまで「私にとって」綺麗な形なので(´▽`;)ゞ

 

前回安値を142.5と言っていますが、

その前にも142.7という高値もありました。

 

となると、どっちの方が適切?と考えると…

その時の気分次第となります(∀`*ゞ)テヘッ

 

ただ、じわじわ下げてきた高値ですし、

直近高値で見るのが良さそうかなと。

 

でも、これは4時間足での話。

 

別の時間軸だとまた見方も変わってくるはずなので、

142.5まで下げてくれば嬉しいなぁとは思うものの、

そこまで下げるほどの信憑性は

正直ほとんどないのではないかと思っています。

 

サポートラインにはなっていると思いますけど、

だからといってそこまで下がってくるかも疑問だし、

そこで止まるかも疑問ですからね(´▽`;)ゞ

 

でも、一応目安で

こんなことを考えています。 

 

最近の値動きを見ていると、

動きについていくと途端に手の平を返されることが多いので、

出来る限り慎重になっています。

 

仮に狙っているところまでこなくても

損をするわけではないですしね…

 

機会損失はありますが…

 

ただ、トレードして思うことは

利益を積み重ねるよりも

資産を守る方が大事だと思うので、

慎重にトレードするのは間違いではないと思っています。

 

利益を積み重ねるはずがどんどん含み損が増えて、

その含み損を切れなくなって資産がどんどん減っていく、

ということを何度も経験していますからね(´▽`;)ゞ

 

頑張って積み上げた利益以上のものを

1日で飛ばしてしまうなんてこともありえますから。

 

資産を守るためにも慎重に…

 

というのを最近私が心がけていることです。

 

退場さえしなければどうにでもなりますからね。

 

退場しないようにトレードを楽しむことができれば、

トレードでダメだったところも見直していけるはずなので

少しずつでも利益は積み上がっていくはず!

 

ということで、

私はこのスタイルで頑張っていきますよ~(๑˃̵ᴗ˂̵)و

2017年6月26日のポンド円Twitter振り返りメモφ(*'д'* ):気持ちの弱さ

2017年6月26日のポンド円Twitter振り返りメモφ(*'д'* )

 

2017年6月26日の環境認識

 

 

 

 

 

時間的にも、チャートの形的にも

いよいよ売る理由がなくなってきています。

 

ただ、ちょっと押し目がなさすぎるので、

急落がこわいところですが…

 

最近の相場の動きは

安定性がないような気がします…

 

気持ちの弱さ

環境認識でも感じていましたが、

もう売る理由がなくなっているので、

全てのポジションを一旦手仕舞うことを考えています。

 

とりあえず、現時点では143で全決済予定。

 

今まで「売る理由がなくなってきている」と何度か書いてきていますが、

それでもまだ押し目買いをすることなく、

ショートポジションを減らすこともせずでした(´▽`;)ゞ

 

基本ショートポジションばかりなので、

最低限両建てで利益確保には繋がるはずですが、

変に意固地になっていたかなーと思います。

 

ショートポジションを減らさないのも

損失確定が怖かったから、というのが

一番の理由ですしね…

 

やっぱりまだまだ根本的にダメな部分が

多々あるようです(;´∀`)

 

とはいえ、こういう気持ち的な部分は

すぐに改善されるとも思っていなかったので、

これからやっていく内に

徐々に改善させていけるようにしていけたらなぁと。

 

目線を固定したら、

そこに意固地になっているのが

それはトレードに大きな悪影響をもたらしそうなので、

そこは早めにどうにかしていきたいところですけどね。

 

その目線の固定のせいで、

短期売買もまともにできていないところがありますから(´▽`;)ゞ

 

検証トレードの短期売買について

新たなチャートでの検証トレードを行うために

とりあえず短期売買をしようと思ったのですが、

短期売買は正直あまり向いていないですね…

 

前までは短期売買が主でしたが、

最近はちょっと長めのスイングでやっていたので、

値幅が少ないところで利益確定できず…

 

また、押しや戻りなんかも少しの押しや戻りではエントリーできず、

結局今の日足、4時間足、1時間足レベルで見てしまいます。

 

なので、別チャートでの検証トレードを行う時も

今と同じ時間軸で検証することにしました(´▽`;)ゞ

 

やっぱり慣れないことはするものではないですね…はい。

 

 

検証トレードだったり、

今回のポジションに関することだったり、

反省点は多々ありますが、

反省点の主なところは

「私自身の性格」となりそうです。

 

「メンタル」と言ってしまった方が良いのかもしれませんが…

 

とはいえ、反省するような点が出てきたら、

そこを改善していけるようにすれば良い話!

 

すぐに改善できなければ、

すこーしずつでも改善していけばいいですしね!

 

何年かかっても良いと思えると気が楽ですし。

 

すぐに改善しなきゃと思うと焦ってしまって、

トレード自体楽しくなくなっちゃいますからね(´▽`;)ゞ

 

トレードを楽しめないと長く続かないので、

トレードを楽しみながら徐々に改善させていけるように

頑張っていきたいと思います(●≧ω≦)9

 

押し目もなくじわじわ上がっていく相場

今の相場の動きみたいに

じわじわと上がっていくような相場で

押し目がないのが続くようだと

チャートは見るけれども

エントリー自体は一旦お休みすることになりそうですね(´▽`;)ゞ

f:id:akanefx:20170627210806p:plain

こういう動きだと基本的に押し目買いで攻めることになるかと思いますが、

どこかで急落がきそうで怖くてエントリーできないですから…

 

だからといって、

当然ショートを打ち込める地合いでもないですしね(´▽`;)ゞ

 

なので、こういう地合いがまだまだ続くようでしたら、

一旦エントリーすることは控えていこうと思います。

 

休むも相場。

 

急落する可能性のあるところでロングエントリーしても、

ビクビクしちゃいますからね…

 

楽しみながらトレードできなそうなので、

こういう地合いの時はお休みと言うことで…

 

「トレードを楽しむこと」

これを一番において、

これからもトレードを楽しんでいきたいと思いますヾ(*´∀`*)ノ

トレードをする際に「待つこと」というのは最重要項目なの?

「待つも相場」について考える機会があったので、

今回それを記事に使用と思います。

 

「待つも相場」について考えるきっかけとなったのは

ぐーたんさん(@0914Guutan)のブログ記事からです。

 

 

トレードをする際に「待つこと」というのは最重要項目なの?

トレードをする時に待つというのは大切だとは思っていましたが、

なかなか言葉にすることがなかったので、

今回のぐーたんさんの記事を読んだことと、

軽くやり取りしたことから、

「私ってこう思っていたんだー」

というのがわかってきました。

 

以前に 

というように

ポジポジ病について書きました。

 

このポジポジ病って

「機会損失が怖くて…」とか

感情的にエントリーしてしまいます。

 

ですが、これらって結局

「待つことができずにエントリーしてしまった」

に収束してしまうのではないかと。

 

感情的になってしまうと

本来の手法を無視してエントリーしてしまいますが、

後々チャートを見返すと、

「せめてここまで待ってからエントリーしようよ…」

なんてことがたくさん出てきます。

 

待つことができないと

どんなに良いトレード手法を見つけたとしても

全てが台無しになってしまうので、

トレードにおいて 「待つこと」というのは

最重要項目と言ってもいいんじゃないかなー、

なんて思っています。

 

待てなかったために起きた失敗トレード

ちなみに私がよくやってしまっていたのは、

f:id:akanefx:20170625204251p:plain

『赤色スパン(141.8あたり)でショートエントリーの予定』

としていたのに141.5あたりでまごついてしまい、

 

「この141.5で下がられると141.8でのエントリーなんてできず、機会損失が…

…よし、141.5Sで入っちゃおう!

大丈夫、30pipsくらいだし、そこまで痛手にならないはずだから」

 

なんて待てずにエントリーしてしまったポジションを

正当化しようと考えたりしていました。

 

その結果、

エントリーしてからすぐに吹き上がる、

もしくは、ちょっと下がったものの結局目標値までいく

なんてことが多々ありました。

 

早めに入って結果的に良かったことも何回かあったのでしょうけど、

正直あまり記憶には残っていないんですよね(´▽`;)ゞ

 

私の場合はですが、

早めにエントリーしたために

30pips担ぎ上げられてしまったという苦痛よりも、

自分の手法を無視して先にエントリーしてしまった傷の方が大きかったりします。

 

その傷のせいで正常な判断ができなくなってしまい、

「結果的には下がると見ているわけだし、

この赤色スパンのところでもエントリーしてみようか」

ということで、無駄にポジションを増やしてしまったり…

 

それでもまだまだ上昇し、

気持ちがついていかずに本来の損切りポイントよりも手前で

損切りしてしまった後に下がってくるとかよくありました。

 

結局は日足での終値は赤色スパンよりも下にくると考えてのエントリーだったため、

考え方は間違っていなかったのに、

手法を無視してエントリーしてしまって

正常な判断ができなくなってしまったために

無駄な損失を増やしてしまったという形。

 

なので、

 

きちんと待って自分のトレード手法のルールをきちんと守るということは、

不利なところでエントリーするだけじゃなくて、

メンタルを崩さず、無駄な損失を出しづらくすることにも繋がる

 

と思います。

 

もしかしたら、こんな感じでトレードをしてしまっていた人は

私だけなのかもしれませんが、

私はこういった理由から

『トレードをする際に「待つこと」というのは最重要項目である』

と考えるようにしています。

 

決済の時も待つことって大事なの?

ただ、ここでふと思ったことは

「エントリーの時は待つことが大事だけど、

決済の時はどうなの?」

ということです。

 

最近の相場の動きは

小さいレンジの中で動いています。

 

なので、今私のポジションは目標の決済まで届かない状態で、

ずっとポジションを保持したままとなって、

ポジションの建値まで戻ってきてしまったりしています。

 

こういう場合はどうしたら良いのかなー?と思ったのですが、

これは結局トレードルール次第なんですかね(´▽`;)ゞ

 

どういう決済方法で利益を伸ばしていくか。

 

私が今行っている手法はスイングで、

基本的には損切りと決済場所が決まっています。

 

決済される時は損切りまで来た時か、

決済場所まで来た時。

 

だから、小さいレンジとかだと

正直モヤモヤしてしまいます。

 

どっちも決済されないので。

 

ただ、たまに雰囲気がおかしいからと

早めに決済することもあったり、

最近のレンジのような状態を見て、

決済位置をずらしたりします。

 

こう言ってしまってはなんなのですが、

決済って結構適当でも良いのでは?

なんてちょっと思ってしまいました。

 

トレールなんかも

自動で逆指値が上に行く形で

トレード手法に基づく決済ではないことが多いですしね。

(人によってはトレード手法によるトレールを行っている人もいるでしょうけど)

 

また、いやーな雰囲気を感じたり、

重要な指標まであと少しだとしたら、

とりあえず一回決済しておくとか。

 

決済って結構臨機応変で考えていいんじゃないかな、

なんて思ってしまいます。

 

前に決済の記事を軽く書きました。

 

決済場所についてはまだまだ考え中です…

 

ですが、決済場所については

もしかしたらガチガチに考える必要はないのでは?

なんてことを今思っています。

 

ただ、考えなかったら考えなかったで、

決済場所が残念なことになってしまい、

利益より損失が増えてしまう可能性も出てしまいそうですが…

 

よくある感情的なトレードとして、

例えば、142Sでエントリーしたものの決済場所が140だったとして、

140.5まで下がった後に141.3くらいまで上がってきたから

 

「これ以上上がったら怖いから決済しておこう…」

と決済したら、そのままズルズル下がっていって、

 

「やっぱり下がるの!?」

と感情的になって再度エントリーし直したらそこが大底だった、みたいな…。

 

ただ、これって決済が悪かった結果と言うか、

後々感情的になってエントリーしてしまった結果なんですよね。

 

なので、とりあえず

『エントリーをする際には待つこと』

さえ意識すれば、

そこまで大きな事故にはならないのではないか?

と思っています。

 

決済は比較的適当に…

 

これが正しい考えとも思いづらいところなので、

決済場所は今後も考えていきますが、今は

 

『エントリーをする際には待つこと』

『決済は目標値まで待つだけでなくても良い』

 

という考え方でいこうかなと思います。

 

 

決済はとりあえず置いておいて、

『エントリーする際には待つこと』

これは本当に大切なことだと思いますo(・д´・+)ゞ

 

待つことも楽しめるようになるのが最高ですねヾ(*´∀`*)ノ

 

これからもエントリーする際は待つことを意識して、

トレードの質を高めていけるように頑張りますよ~(●≧ω≦)9