【Dead or Alive】海崎茜のFXトレード検証日記

【Dead or Alive】海崎茜のFXトレード検証日記

FXで生きるか死ぬか!利益が出たら調子に乗って大損、損をしたら負けを取り戻そうとして大損。そんな私を変えるためのブログです。日々の値動きの考察、検証、収益結果などが主。2017年はプラスに持っていきたいものです。

ポジポジ病を抑えるためにやり始めたことが想像以上の結果を生み出しました

最近トレードをしていて

ふと思ったことなのでメモです。

 

トレードをやっている人でポジポジ病の人ってどのくらいいるんでしょうね?

 

結構多いと思うのですが…

 

ちなみに私は完全にポジポジ病です(´▽`;)ゞ

 

正直以前はトレード手法をまともに確立しておらず、

使っている手法自体信じることができていなかったので、

値ごろ感でついポジションを取ってしまうことが多かったです。

 

なので、

「トレード手法を確立すれば、

きちんとターゲットまで待てるんじゃないかなー」

なんて思っていた時期もありました。

 

…そういう風に思っていた時期もありましたが、

トレード手法を確立してもポジポジ病が抑えるできることはありませんでした…

 

トレード手法を確立してからも機会損失が怖くて

ターゲットよりも早くエントリーしてしまうことが

しばしばあったのです。

 

で、機会損失と言いながら、

待てなかったことによるpipsの幅の方が痛かったりするのですが…

 

なので、

ポジポジ病は極力なくさないといけないなー

と思っていました。

 

ちなみに、ポジポジ病を抑えるためには

「トレード手法が確立されていること」

ことが大前提だと思います。

 

トレード手法を確立していないと、

そもそもどこでエントリーしていいかわからず、

適当なところでポジポジしてしまいますからね(´▽`;)ゞ

 

なので、ポジポジ病を抑えるするには

トレード手法を確立していることが必須だと思います。

 

 

でも、大前提というだけで

トレード手法を確立しただけでは

ポジポジ病は治らないんですよね。

 

ポジポジ病の人は基本的に

 

「利益を伸ばしたい!」

「全ての利益を取りたい!」

「損失を取り戻したい!」

 

って欲が強いと思います。

 

私の場合は、

「利益を伸ばしたい!」

というのはもちろんありますが、

どちらかというと痛みに弱いです。

 

なので、

「損失を取り戻したい!」

という気持ちの方が強くて、

損失を出した後にポジポジ病になりやすい人です。

 

ポジポジ病になるタイミングも

人の性格によってそのように違うと思うんですよね。

 

なので、

自分がどういう時にポジポジしてしまうかを

考えてみるのも良いかと思います。

 

性格によって

ポジポジ病の抑え方も

異なってくると思いますしね。

 

なので、私がこうやってポジポジ病について書いていますが、

刺さらない人には全く刺さらないです、はい(;´∀`)

 

だって、ポジポジ病になっている理由が違うんですもの…

 

ここまで読んでもらって何言うてんの?

って話ですが…ごめんなさい。

 

ただ、ポジポジ病を抑えるために行うことを色々と読んだりするのですが、

私にあったものって何一つなかったなーと思うわけです。

 

みんなこれできているのかなー?と、

疑問になってしまいます。

 

よくあるポジポジ病の抑え方には

 

1.トレード記録をつける

2.常時チャートを見ない

3.1日のトレード回数を決める

4.ルールを破ったら罰する

5.トレードルールを厳守

 

などがあります。

 

…ですが、

これらをきちんと守れるなら

最初からポジポジ病なんてなっていないわ!ヾ(。`Д´。)ノ彡☆ブーブーッ!

 

なんて思うのは私だけでしょうか?

 

これらを一つ一つ見ていくと、

 

よくあるポジポジ病の抑え方

1.トレード記録をつける

トレード記録をつけることはとても大事だと思います。

 

私も今はトレード記録をつけていますから。

 

ですが、正直ポジポジ病になっている時は、

トレード記録をつけるのを何度諦めたことか…

 

トレード記録をつけるのがめんどくさくなったんです。

 

トレード記録をつけることで

 

トレード手法の検証・改善を行うことができるのは事実だと思いますし、

とても重要なことだと思います。

 

ただ、ポジポジ病の場合は

そこでエントリーした理由として

 

「値ごろ感」

「機会損失が怖くて」

「勢い」

「感情的に」

 

なんてものばかりになってきます。

 

そして、値ごろ感や感情的にトレードすると

どうしてもトレード回数が多くなってしまうし、

そのトレードで損失を多く出すと

鬱状態のようになってしまい、

トレード記録のことなんて頭からすっぽりと抜けてしまいます。

 

その結果、

「トレード記録書くのめんどくさい」

となってその場その場で書くのをやめてしまい、

一日の終わりに一気に書くようになると

その時トレードした理由なんかも忘れてしまい、

もう何もかもが嫌になって記録をつけるのをやめてしまいます。

 

その結果、自己嫌悪になったりも…。

 

トレード記録をつけると

エントリー後に一呼吸置くことができるため、

冷静になれるというのはあるかもしれませんが、

そもそもポジポジ病が発揮されている時点で

そもそもトレード記録をつけるような気持ちになれていないと思うんですよね。

 

「思ったよりも早くエントリーしちゃった…

逆行しないよね!?」

 

と、ついついチャートを眺めて、

トレード記録のことなんて忘れてしまいますし。

 

だから、トレード記録でポジポジ病が抑えられることって

実はあまりないんじゃないかなー、と思うわけです。

 

これで抑えられることができる人は

きちんと自分を正すことができる人なのではないかと。

 

私は自分にかなり甘い人なので、

自分を正すことは苦手です(;´∀`)

 

ダメ人間の部類なので…はい。

 

でも、トレード記録をつけることで

ポジポジ病が抑えられるイメージが沸きません。

 

 

トレード記録は

ポジポジ病を抑えてから行う方が良いのでは?

なんて思うわけです。

 

 

ポジポジ病はトレード記録ではなく、

別のところで抑えていきたいですね…。

 

2.常時チャートを見ない

常時チャートを見なければ、

エントリーチャンスも何もわからないので、

ポジポジ病は減ると思います。

 

ですが、そもそもポジポジ病の人って

トレード中毒な人が多いと思うんですよね。

 

「ダメ」って言われたら

むしろ手を出したくなる、みたいな。

 

仮にパソコンでチャートを見ているとして、

パソコンでチャートを見ないように外出したとしても、

スマホでチャートを眺めてしまうと思うんですよ。

 

これがポジポジ病の人の本能かなって…

 

常時チャートを見ないというのは

そう簡単なことではないと思います。

 

むしろポジポジ病じゃない人だって

チャートを眺めている人が多いと思います。

 

サラリーマンをやりながら

値動きが気になってトイレで確認している人が多いみたいですから。

 

なので、

「ポジポジ病を治したいならチャートを見なきゃいいんだよ」

と言われて、

すぐにチャートを見なくてもすむような人は

自分を正すことがうまい人だと思います。

 

そういう人がトレードですぐ結果を出せるのかなって。

 

でも、私みたいに自分を正すことができない人の方が

圧倒的に多いのではないかと。

 

「ポジポジ病を治したいならチャートを見なきゃいいんだよ」

と言われたら

「それができたら苦労しません」

と言いたくなってしまいます(´▽`;)ゞ

 

だって、値動き気になるじゃないですか…

 

値動きが気にならない人は私は大物だと思っています…

 

この方法でポジポジ病を治せる人は少ないんじゃないかなー。

 

私がそう思っているだけでしょうか?

 

3.1日のトレード回数を決める

1日のトレード回数を決める。

 

…無理です!以上!

 

…はい。

 

いや、1日のトレード回数を決めるのは良いと思うんですよ。

 

結構やっている人いますしね。

 

ですが、ポジポジ病の人は

決めたトレード回数なんて気にしないんじゃないかなと。

 

仮に気にしたとしても

「一日3回トレードできるんだし、ここでエントリーしてもいいよね」

って結局ポジポジ病が発揮されると思います。

 

で、仮にすでに3回トレードしてしまっても、

「4回目になっちゃうけど、ここは絶好の売り場!」

みたいになってルールを守らないことが多いんじゃないかと。

 

私はそんな感じでした(´▽`;)ゞ

 

ポジポジ病の人って

意志がかなり弱いと思っているのですが、

私だけなのかなぁ?

 

自分にものすごく甘いです。

 

決めたルールなんて

「そんなルールあったね(・ω<) テヘペロ」

なんて思ってルール無視しちゃいます。

 

あと、仮に1日3回トレードと決めたとしたら、

「まだ2回しかトレードしていないし、ここでエントリーしちゃおう!」

とエントリーを誘発する可能性もあります。

 

これも自分をきちんと正せる人のためのルールだと思うんですよね。

 

…ポジポジ病の人は私みたいに

自分にものすごく甘く、

自分を正すことができない人だという前提で話していますが、

もしかしたらここまでダメダメなのは私だけかもしれません。

 

でも、あながち間違いではないのでは…?

と思いながら書いてみています、すみません(´▽`;)ゞ

 

私みたいな人は

トレード回数を決めても

ポジポジ病は治らないと思うのです、はい。

 

4.ルールを破ったら罰する

これはもう今まで話してきたこと全てに繋がりそうですね。

 

ルールを破ったら罰する。

 

でも、そのように自分を罰することができたら、

自分を正すことが上手い人ということになります。

 

それができるのであれば、

最初からポジポジ病にはなっていないよと…。

 

私は自分に甘いので、

罰を決めてもその罰を実際に実行するとは思えません。

 

私にとっては一番意味のないことですね(´▽`;)ゞ

 

ルールを破ったら罰を与えることができるくらい自分を正すことができるのなら、

もう自分を正すことなんてものすごく簡単なような気がします。

 

これって結構ハードルが高いのでは?

と思うのは私がダメダメだからでしょうか…?

 

5.トレードルールを厳守

ポジポジ病を治すのであれば、

確立されたトレード手法は必須と先ほど書かせていただきました。

 

なので、そのトレード手法のルールを厳守すれば

ポジポジ病は抑えられるのは確実です。

 

ですが、そのトレード手法のルールを厳守できないから

困っているわけで…。

 

ルールを厳守できないと

どんなに良いトレード手法を使えても

結局損失ばかり出してしまう結果になるので、

トレードルールを厳守することは最重要なのは確かです。

 

ですが、そのトレードルールを厳守することができないから、

ポジポジ病になってしまうわけで… 

 

自分を正すことができない人はポジポジ病を改善できないの?

自分を正すことができる人であれば

ポジポジ病を抑えやすいと思います。

 

というよりも、自分を正すことができれば、

そもそもポジポジ病になっていないように思いますが…

 

なので、これは順番が逆なんじゃないかな?

と思うわけです。

 

ポジポジ病を抑えてから

自分自身を正していけばいいんじゃないかなと。

 

それで自分を正すことができない私が行っていることは、

「ポジポジしたい時にデモトレードでエントリーする」

ということです。

 

ポジポジしたい時はデモトレードでエントリー

私はトレード手法は確立したものの、

手前でポジポジしたくなったりするわけです。

 

そのポジポジしたくなった時に

デモトレードでエントリーします。

 

そうすると、

リアルトレードではポジションをとっていないものの、

デモトレードでポジションをとったので、

ポジポジ病が少し和らぎます。

 

私の場合は、

デモトレードの口座額が増えるのも

楽しいと思っているからこういう手法を取り入れてみました。

 

その結果、リアルトレードでは

変なところでポジションを取ることがなくなりました。

 

ポジポジ病を無理やり抑えつけるわけではなくて、

デモトレードではあるものの、実際ポジションをとるのが

一番良いのかな?と思ってやり始めたことですが、

私にはこれが合っています。

 

これを始めたおかげで

リアルトレードでは本当にエントリーしたいところでエントリーできているため、

気持ちに余裕が出てきます。

 

なので、トレード記録も今はきちんとつけています。

 

デモトレードの方はポジポジ病のエントリーなので

そちらのエントリーについては記録していません。

 

デモトレードの方のポジションを見ると、

「うわぁ…」と思うようなエントリーを結構しています。

 

でも、それはそれで良いと思います。

 

デモトレードなんですから!

 

これを行ってみると、

先ほどの「よくあるポジポジ病の抑え方」の5つに関して、

クリアできるところが出てきます。

 

○  1.トレード記録をつける

-  2.常時チャートを見ない

-  3.1日のトレード回数を決める

-  4.ルールを破ったら罰する

○  5.トレードルールを厳守

 

「1.トレード記録をつける」と

「5.トレードルールを厳守」に関しては

変なトレードはデモトレードで行い、

きちんとしたトレードはリアルトレードで行えるので、

きちんとトレードルールを守って、

トレード記録をつけられるようになりました。

 

「2.常時チャートを見ない」

に関しては、常時チャートを見ていたところで、

変なトレードはデモトレードで行うので、

常時チャートを見ないという行動をとる必要がなくなりました。

 

「3.1日のトレード回数を決める」

「4.ルールを破ったら罰する」

もそもそも必要なくなりましたね。

 

トレードルール以外のことは全てデモトレードで行うため、

ルールを破ることもなくなりますし、

トレードルールでのエントリーなため、

トレード回数を決める方がトレードルールを無視することになってしまいます。

 

そう考えると、

ポジポジ病を抑えるために行ったデモトレードが

思った以上に良い方向に動いたなーと思います。

 

トレードルールをきちんと守ることができ、

私自身が一番良いと思うところでエントリーできるから、

エントリーに対して変な疑念もなく、

気持ちも落ち着きます。

 

その結果、

トレード記録もきちんとつけることができ、

トレードの検証・改善に力を入れることができています。

 

リアルトレードでポジポジ病を出すのは嫌だったので

変なトレードの時だけデモトレードで行ってみましたが、

想像以上の結果を生み出してくれました。

 

私みたいに自分を正すことができない人でも、

デモトレードのおかげでトレーダーとして必要な部分を

手に入れることができたような気がします(´▽`;)ゞ

 

この手法は

もちろんポジポジ病の人全員に当てはまることではないと思いますが、

それでもポジポジ病に悩んでいるのであれば、

是非デモトレードを活用してほしいと思います。

 

私みたいなポジポジ病の人が一人でも多く減り、

良いトレードをしていくことができますように(-人-。)

 

 

※おまけ

この記事を書いた理由は

私が狙っている水準までなかなかこなくて、

それよりも手前でポジポジしたくなっていたからです。

 

この時です。 

 

水準まできたのにビクビクして一度見逃してしまっていますが、

それはポジポジ病よりは良いかなと(´▽`;)ゞ

 

あと少しのところで跳ね返されているときは

ポジポジ病が発動して、

デモトレードでエントリーしてました。 

 

その結果、私の狙っていた水準でエントリーできましたねヾ(*´∀`*)ノ

(その後担がれていますが、損切りと売り増しする場所が決まっているので、

以前よりは気持ちが楽です)

 

こうやってデモトレードでエントリーして、

リアルトレードでは狙っていた水準でエントリーできたので、

「あれ?ポジポジ病の人にこの手法って有効なのでは?」

と思って記事にしてみたのでした。

 

ここのところデモトレードでエントリーしており、

トレード記録もきちんとつけていましたが、

デモトレードのおかげとは考えていませんでした。

 

ポジポジしたくなったけど、

リアルトレードでエントリーするのは怖いから

デモトレードでエントリーしてみよー、

くらいの気持ちだったので。

 

ですが、よくよく考えてみると、

このデモトレードのおかげで

うまく回り始めたなーと思ったので、

勢いでこの記事を書いてみました。

 

この手法だとポジポジしたい時は

デモトレードでポジポジすれば良いだけなので、

ポジポジ病を治す必要がないんですよね。

 

なので、重度のポジポジ病の人には良いのでは!?

なんて思っています。

 

ポジポジ病が治らないのであれば、

是非活用してみてください(∩´∀`)∩

 

「この手法でポジポジ病が抑えられました~」

なんて言ってもらえると非常に嬉しいですね!

 

逆に

「この手法は自分には合わなかった~」

なんてことがあれば、

それも教えてもらえると嬉しいですねヾ(*´∀`*)ノ

 

この記事を読んでいる皆様のトレードが

これから更により良いものとなりますように(-人-。)