【Dead or Alive】海崎茜のFXトレード検証日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【Dead or Alive】海崎茜のFXトレード検証日記

FXで生きるか死ぬか!利益が出たら調子に乗って大損、損をしたら負けを取り戻そうとして大損。そんな私を変えるためのブログです。日々の値動きの考察、検証、収益結果などが主。2017年はプラスに持っていきたいものです。

2017年1月25日のポンド円の値動き:ロンドン時間は東京時間否定の倍返し

2017年1月25日のポンド円の値動きです。

 

『30分足』

f:id:akanefx:20170129145258p:plain

 

良い感じに階段上で上がっていった1日でした。

 

こういう素直な動きは見ていてなんだかホッとします。

 

高値:143.707

安値:141.823

 

値幅:1.884

 

東京時間後まで下げて

ロンドン時間で上げていくパターンでした。

 

ロンドン時間で綺麗に反転しているので

時間としては良い時間だったように思います。

 

ロンドン時間が始まってもまだ下降していたら

そのままショートを打ち込んでしまいたくなりますから…

 

そういう意味では比較的やりやすい日だったように思いますね。

 

ラインもほどよく効いているみたいですし。

 

…結果論ではありますが(´▽`;)ゞ

 

 

これにラインを引いてみると、

f:id:akanefx:20170129145259p:plain

 

短時間での乱高下もなく、

非常に安定した動きとなっています。

 

この動きで1.8円の幅があるので、

こういう動きをこれからも希望したいのですが…

 

なかなかないですよね(´▽`;)ゞ

 

時間帯別に見てみると、

 

『東京時間前』

前日のニューヨーク時間後からの動きに引き続き上昇。

 

『東京時間』

東京時間前の動きから反転し、下落。

日足のレジサポラインを境にヨコヨコ。

 

『東京時間後』

日足のレジサポラインを抜いて下落。

 

『ロンドン時間』

今までの下落から大きく反転。

ラインまで戻って押し目をつけて再度上昇。

わかりやすい押し目。

 

『ロンドン時間+ニューヨーク時間』

継続して上昇。

 

『ニューヨーク時間』

4時間足レベルの足を抜くも

耐えきれずに下落。

前回の高値付近のレジサポラインで止まる。

 

 

レジサポ逆転が起こっているので

比較的トレードしやすいと言いたいのですが、

最近レジサポ逆転が綺麗に決まっていない気がするので、

押し目をとれるかと言われると

ちょっと厳しいかもしれません(´▽`;)ゞ

 

ですが、教科書通りと言えそうな動きですね。

 

もっとこういうわかりやすい日が続いてほしいものです…。

 

 

次に値幅を見てみると、

f:id:akanefx:20170129145300p:plain

 

東京時間にそこそこ動いていますが、

これは下落で動いています。

 

その後、下落した反動で

一気に上昇したロンドン時間。

 

東京時間の否定ですね。

 

ロンドン時間以降は

東京時間を否定することがよくある気がするので、

ここは注目したいポイントの一つかなと思います。

 

最大値幅が1.884で

終値は+0.589。

 

なんだか下げた後に倍返しで上げて、

1/3だけ戻りました、

みたいな動きですね。

 

下がった後、上がった後の倍返し。

 

よくこういう言葉を見たりしますが、

実際にこうやって見ると面白いものですヾ(*´∀`*)ノ

 

ロンドン時間は東京時間否定の倍返し。

 

こういう状況が結構ありそうなので、

この動きは頭に入れておきたいところですね(9`・ω・)9

 

どうにも「倍返しはない」と思ってしまうことがありますから…

 

一気に反発するときは一気に反発する。

 

頭の中に叩き入れておきますよ~(○`・Д・´)9