【Dead or Alive】海崎茜のFXトレード検証日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【Dead or Alive】海崎茜のFXトレード検証日記

FXで生きるか死ぬか!利益が出たら調子に乗って大損、損をしたら負けを取り戻そうとして大損。そんな私を変えるためのブログです。日々の値動きの考察、検証、収益結果などが主。2017年はプラスに持っていきたいものです。

2017年1月23日のポンド円の値動き:このくらいのレンジ相場が一番やりやすい気がします

2017年1月23日のポンド円の値動きです。

 

『30分足』

f:id:akanefx:20170129133535p:plain

 

高値:141.392

安値:140.757

 

値幅:1.320

 

完全にレンジ相場でしたね。

 

日足レベルのレジスタンスラインを

一度大きく抜けはしたものの

結局そのまま大きく下げた形となっています。

 

140.9のラインでロングをしていれば

そこそこの値幅をとれた一日だったと言えますね。

 

レンジ相場と見極められれば

ロングでもショートでもとれた…

と言いたいところですが、

私みたいに基本的にライントレードをする人からすると、

ラインからはみ出ていることが多いので、

ドキドキトレードとなりそうな日でしたね(´▽`;)ゞ

 

ただ、この日は

140.9で押し目買い、

142を抜いたら戻り売りという戦略を立てていたので、

良いトレードができた一日でした。 

 

考えていた通りにトレードしたかどうかは別として…(´▽`;)ゞ

 

チャートにラインを引いてみると、

f:id:akanefx:20170129133536p:plain

 

上下に動いたとはいっても

短時間で戻しているわけでもないので、

気持ち的にもやりやすい一日でした。

 

短時間で上下に動かれると

ロングもショートも

どちらにもエントリーしたくなくなりますからね…

 

レンジ相場ならこのくらいの動きがちょうど良いです。

 

時間別に見てみると、

 

『東京時間前』

開始はちょっと上がったものの、

8時を境に大きく下降。

 

『東京時間』

東京時間前の下降を戻さず、

レンジ形成し、安値をつける。

 

『東京時間後』

安値を更新するも上昇。

しかし、東京時間前よりも上昇できず一旦下降。

 

『ロンドン時間』

レンジ形成。

小さくダブルトップをつけて下降するかと思われたものの、

ダブルボトムをつけて一気に上昇。

 

『ロンドン時間+ニューヨーク時間』

142を抜いてさらに上昇するも

安値付近まで一気に下降。

 

『ニューヨーク時間』

じわじわ上げるも始値付近で力尽きる。

 

 

『ロンドン時間+ニューヨーク時間』の動きがひどかったものの、

142を抜けたところでショートしていれば

非常においしい感じでしたね。

 

ただ、この勢いを見ると、

「安値を更新してくれるじゃないかな?」

という淡い期待が出てくるので、

私の場合は利確が遅くなりそうな場面ですが(´▽`;)ゞ

 

レンジと捉えた場合は、

安値に到達する前に決済するのが良いのでしょうね。

 

下降も勢いがありすぎますし。

 

とりあえず、決済して利益を確保することはほんと大事です、はい(9`・ω・)9

 

次に値幅に関してです。

f:id:akanefx:20170129133537p:plain

 

終わってみたら12.2pipsの下落。

 

東京時間前に動いたのは月曜日だし、

大統領就任式が金曜日にあったから

そこで動いたのもあるのかな?

 

ロンドン時間+ニューヨーク時間は

相変わらずと言いますか…

上下に大きく揺さぶってきますよねぇ。

 

東京時間も動くときは動くけれど、

基本的に東京時間後の方が動きが面白いことの方が多いような気がしています。

 

東京時間で動きの目安をつけながら、

東京時間後にその目安をもとにトレードをしていく方が

勝率が高まるかも?なんて思ったりしてしまいますね。

 

今後の動きも見ながら

トレードスタイルを徐々に改善していこうかと思います(○`・Д・´)9