【Dead or Alive】海崎茜のFXトレード検証日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【Dead or Alive】海崎茜のFXトレード検証日記

FXで生きるか死ぬか!利益が出たら調子に乗って大損、損をしたら負けを取り戻そうとして大損。そんな私を変えるためのブログです。日々の値動きの考察、検証、収益結果などが主。2017年はプラスに持っていきたいものです。

2017年1月11日のポンド円の値動き:レジスタンス、サポート共に強かった一日

2017年1月11日のポンド円の値動きです。

 

『30分足』

f:id:akanefx:20170115230651p:plain

 

高値:141.474

安値:139.880

 

値幅:1.594

 

ニューヨーク時間に下落はしているものの、

ほとんど横横な動きでした。

 

141.4のレジスタンスラインが

強く効いていましたね。

 

あと、ニューヨーク時間で割れはしたものの、

140.6のサポートラインも

結構強く効いていました。

 

そこまで動いていないように見えますが、

なんだかんだで値幅が1.594と

そこそこ動きがあった日です。

 

レンジという判断さえつけば

トレードしやすい一日でしたね。

 

 

これにラインを引いてみると、

f:id:akanefx:20170115230652p:plain

 

『東京時間前』

前日の上昇中の動きをそのまま継続。

 

『東京時間』

11時前に高値更新するも

何度もレジスタンスに抑えられ、

あえなく下落。

 

『東京時間後』

東京時間の下落が継続するも

16時にサポートラインで支えられ上昇。

レジスタンスラインに届かず、

再度サポートラインへ。

 

『ロンドン時間』

レンジの上限を変えずに

レンジの下限を拡げる。

2度ほど140.6のサポートラインを試すも抜けず上昇するも、

またもレジスタンスまで届かず下落など

いったりきたりの状況。

これをうまくとれれば非常においしい。

 

『ロンドン時間+ニューヨーク時間』

再度レンジ上限のレジスタンスラインを試すものの抜けず、下落。

 

『ニューヨーク時間』

少し上昇するも

今まで抜けなかったサポートラインを大きく抜いて急下降。

ただ、前日安値のサポートラインを実体で抜けず、

元の位置までリバ。

 

 

レンジ内の動きでしたが、

レジサポラインを何度も試す動きだったため、

比較的やりやすかった一日。

 

ただ、141.4のレジスタンスラインを何度も試して、

しかも実体では抜けなかったものの、

何度もそのレジスタンスを抜いているため

ビクビクしていたところあり。

 

結局140.6のサポートラインを先に抜いて

一気に下落するも元の位置へ。

 

レジスタンスもサポートも

共に堅いことを示した一日だったように思います。

 

次は値幅についてです。

f:id:akanefx:20170115230653p:plain

 

珍しくニューヨーク時間に大きく下落しました。

 

珍しくとはいえ…

この時間にはトランプ次期大統領の記者会見があったからなんですよね。

 

その記者会見の結果によって大きく下落。

 

でも、結局全戻ししちゃいました、って流れですね。

 

やっぱりニューヨーク時間は

こういうお祭りごとがないと動かないのかなー?

なんて思ってしまいます。

 

最大値幅は1.594であるものの、

終値は始値の0.008というものすごい数値。

 

これだけ見ると全然動かなかった一日ですね…。

 

それにしても、

やっぱりお祭りごとは大きく動きますが、

全戻しすることも多いみたいですね。

 

とはいえ、大きく動く時、

大きく動いた後すぐにトレードする気にはなりませんが。

 

お祭りごとは極力スルーしたいものです(´▽`;)ゞ