【Dead or Alive】海崎茜のFXトレード検証日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【Dead or Alive】海崎茜のFXトレード検証日記

FXで生きるか死ぬか!利益が出たら調子に乗って大損、損をしたら負けを取り戻そうとして大損。そんな私を変えるためのブログです。日々の値動きの考察、検証、収益結果などが主。2017年はプラスに持っていきたいものです。

2017年1月3日のリアルタイムトレード:押し目買い戦略だったものの・・・?

押し目買い目線だったものの、

エントリーしたいのをずっと我慢していたせいで、

ついつい戻り売りを入れてしまいました(´▽`;)ゞ

 

エントリーは144.993S

 

一応エントリー理由としては、

 

『5分足』

f:id:akanefx:20170103232416p:plain

 

5分足レベルで高値・安値切り下げ。

 

ダブルトップをつけ、短期天井?

 

『1分足』

f:id:akanefx:20170103232415p:plain

 

レジスタンスラインで支えられているのを感じたので、

安値ブレイクでエントリー。

(ちょっと出遅れたけれど・・・)

 

 

正直、上位足の移動平均線は上を向いているため、

売りは怖いところ。

 

ただ、ここまで買い圧力が強かったにも関わらず、

1分足レベルとはいえレジスタンスできちんと抑えられたことから、

少し流れが変わったかな?という判断。

 

判断基準が5分足と1分足なので、

根拠は大分薄いところ。

 

しかも、移動平均線は上向き。

 

撤退はお早めに。

 

日足の20SMAが144.865で転換。

 

一回144.866できっちり反転していました。

 

なので、その移動平均線を抜けば少し下にいきやすいかもしれません。

 

とはいえ、出来る限り撤退は早めにしたいものです(;´∀`)

 

 

※追記

144.993Sの144.595Cと

+39.8pipsでの利確でしたが、

良いトレードだったかと言われると、

正直よろしくないトレードでした。

 

利確した場所はこちら。

 

『1分足』

f:id:akanefx:20170104003140p:plain

 

利確したのは右側にある下矢印ですが、

本来利確すべきところは

赤丸のところでした。

 

というのも、そもそも上がる可能性が高いと見ていたはずだからです。

 

日足の20SMAも144.865にあったし、

上位足の移動平均線もほぼ上。

 

なので、大きく売りで伸ばす場面ではありませんでした。

 

なので、144.865あたりを利確ポイントしてもよかったくらい。

 

それでも耐えて持ち続けたとしても

赤丸のところで利確をしておくべきでした。

 

というのも、

ここは一つの節目として見ていたし、

押し目買いポイントでもあったからです。

 

さらに赤丸の時間帯は23:50で

0時からの重要な指標の直前でした。

 

このように撤退するべき理由がたくさんありました。

 

指標がなければ押し目買いを狙っても良かったポイントですが、

結局売りを保持したままいて、

結局は指標の前からじわじわ上がり、

一旦は含み損までいってしまいました。

 

指標もものすごく良かったです。

 

指標は全戻しなんてよく言いますが…

今回はたまたま戻ってきて、

しかも赤丸で決済する以上の利益を確保することができました。

 

とはいえ、

「下げは短期的」

という見方をしていたにも関わらず、

利確を遅らせたので

これを毎回続けていれば大きな損となってしまいそうです。

 

こうなった理由は完全に欲なんですが…

 

「もっと下がるかもしれない!」

と。

 

やはりトレードにおいて、

欲というのは危険なものですね…。

 

ちなみに戻ってきたときも

「節目のラインで利確しよう!」

なんて思っていたにも関わらず、

 

「ここまで下がってきたならさっきよりも大きい幅が欲しい」

「もっと下がるかもしれない」

なんて思ってしまって、

利確が遅れています。

 

指標で上がってもレジスタンスまで届かなかったから

下がる可能性があるとは思っていましたが、

それでも根拠としては弱いので、

利確は早めにするべきだったように思います。

 

結果的に大きな値幅を取れたから良いのですが…

 

これから更に5分くらい待てば

更に+10pipsくらいとれたようですが、

気持ち的に気が気でなかったでしょうから、

良いところで利確できました。

 

でも、「欲」がものすごく強いので、

これが今後の課題ですね…

 

去年負け越してしまった一番の原因が「欲」ですから…。

 

この「欲」をきちんと抑えることが

今年の目標となりそうです。