【Dead or Alive】海崎茜のFXトレード検証日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【Dead or Alive】海崎茜のFXトレード検証日記

FXで生きるか死ぬか!利益が出たら調子に乗って大損、損をしたら負けを取り戻そうとして大損。そんな私を変えるためのブログです。日々の値動きの考察、検証、収益結果などが主。2017年はプラスに持っていきたいものです。

2017年1月1日現在のFXトレードルール

トレードルール

2017年1月1日の現状のトレードルールとしては、

ものすごくシンプルに

 

 

『時間軸』

・日足、4時間足で方向を確認して、1時間足と5分足(ボラがある時は1分足)でトレード

 

『トレード場所』

・レジサポライン(1時間レベル以上)の上で5分足レベルによる高値切り上げ、安値切り上げが確定した時のブレイクアウト

・レジサポライン(1時間レベル以上)の下で5分足レベルによる高値切り下げ、安値切り下げが確定した時のブレイクアウト

 

『移動平均線』

・20SMAのみ。基本的には方向を確認するためのもので、移動平均線によるトレードは行わない

 

『取引通貨』

・ポンド/円(GBP/JPY)がメイン

(ボラがあるため)

・ドル/円(USD/JPY)、ユーロ/円(EUR/JPY)、ユーロ/ドル(EUR/USD)

、ポンド/ドル(GBP/USD)、ユーロ/ポンド(EUR/GBP)も監視してはいるものの、基本的には取引しない。

 

 

といった、ポンド/円のレジサポライン付近で5分足レベルでのブレイクアウトでエントリーするのが基本的なトレードルールです。

 

利確・損切りは基本的にダウ理論によるトレンドが崩れたところ。

 

移動平均線やレジサポラインを使うことも。

 

そこは流れを見ながら固めていきたいところです。

 

まだ確実なトレードルールともいえないので、

トレードしていくうちにちょこちょこと変わりそうですが、

現状としてはこのようなトレードルールで行っていきます。

 

トレードした結果は画像として貼って記事にまとめる予定なので、

利確・損切りはどのようにすると良いかは少しは見えてくるはずです。

 

そうなってから、トレードルールを少しずつ修正していきたいものですね。

 

 

現状はこのようなトレードルールですが、

果たしてきちんと守れるのでしょうか…?

 

1月3日のトレードが非常に楽しみです。